Fine jewelry Rui&Aguri:プリンスJunseiの七五三

今日は親友であり戦友でもあるFine jewelry Rui&AguriのプリンスJunseiの七五三のご紹介です。彼が生まれて数ヶ月の頃から写真を撮らしてもらっているのでまるで我が子の七五三の様でした。一枚目の右の写真ですが、昨日の事のように覚えています。いや、本当に感慨深いですね。自分が撮った写真が残り続けるというのは自分の魂をも残しているようで、、きっと自分が死んでも残り続ける唯一の物です。もちろんサービス業だからいい写真を残して当たり前なのかもしれないけどやはり自分の気持ちや意思がそこには確実に写る(センスとか構図はどっちかというと二の次ですと言ったら変かもしれませんが)ので大切にしているつもりです。大切な人の人生の節目を撮る、または自分も撮られる事によって今の自分の仕事の大切さと愛みたいなものが増してくる、、なんかそんな気が致します。

彼が成人しまた結婚するときに写真を撮ってあげられたらまた一つも二つも写真を撮るという仕事への価値や意味、愛が増すんだろうなと思いました。(もちろん僕自身は撮るつもりでいますが。。)

これからもそっと彼を見守りたいと思います◎

Junsei!五歳おめでとう!!

Share to FacebookTweet PostPin PostLink PostEmail Post

Your email is never published or shared. Required fields are marked *

*

*