海外挙式同行撮影プランについて(前撮り・後撮り・ハネムーン)

本日3度目のブログを更新します。これはもう地球がひっくり返る勢いです。

WEBに関していうと約半年ごとにプランを見直して更新しています。ですので料金に関して言うと必ずお問い合わせして頂きたいと思います。2017年前半はいわゆるセット販売でいろいろなものを基本パッケージにつけていたので少し高く感じてしまうような価格設定でした。ただお客様にとってすべて必要かというとそうではないものも含まれていたので2017年6月にはよりお求めやすい基本パッケージで欲しいという方にはオプションでいろいろなものが付属可能という内容に変更致しました。では2017年の最初に申し込んだ2017年秋挙式の方はどうなるの?という部分ですがプラン改訂された内容を再度ご案内しお客様にとってマイナスにならないようご案内させて頂いております。

2016年より海外挙式同行プランというのを初めて見ました。過去クロアチアのドヴロブニク、ギリシャのサントリーニ、中国の海南島などマイナーと言えばマイナーな場所に運良く呼ばれた経験をもとにお客様のお役に立てないかと作成した経緯があります。超人気スポットのハワイに関して言うと既に沢山の日本の大手撮影業者が入っていますので定番のスポットでお決まりの写真があれば良いという方は間違いなくそちらを選ばれた方が無難でしょう、価格帯もリーズナブルです。

私個人に依頼するメリットとデメリット、それぞれ理解して頂いた上でご依頼頂ければ幸いかと思い、以下書いてみたいと思います。こちらも半年ごとにプランは見直していますが2017年6月の時点での価格帯は20万半ばから後半で撮影を承る事が可能です。

料金に含まれているもの

  1. 二日間の撮影料金(一日ドレス+二日目私服など)
  2. 海外への出張料金(国によって変動するため20万半ばから後半という記載にしてます。)
  3. 二日間の色補正済み撮影データ(約1500カット)
  4. youtubeスライドショー(オンライン+ブルーレイディスク)
  5. Wi-Fiレンタル料

以上になります。アルバムは別途作成料金になりますのでご注意下さい。

◎デメリット

  1. メイクや衣裳等が含まれていない。
  2. 現地の事を熟知していない。(対策あり)
  3. フォトグラファーの旅費、宿泊費を負担しなければならない。
  4. 最終的に割高になってしまう。

などでしょうか。まずなぜ2日間の撮影なのか、1日でいいのですが。。という方もいらっしゃいます。旅程に関して言うと出国-現地下見-撮影-予備日-帰国と最低でも5日間のスケジュールを組んでいます。理由としては移動のリスクを回避したいため撮影の前々日には必ず現地入りするのと天気やお二人の体調不具合による延期に対応出来るよう撮影の次の日も基本1日設けています。最低二日間撮影出来るのはこの5日間のスケジューリングによるものです。1日オフで観光すればいいのではという声もありそうですが正直一人で観光するくらいなら誰かの写真を撮っていたいというくらい寂しがりやでもあるのです(笑。大学時代に思う存分一人旅はしたのでそれなら二人にとって一生大切にしてもらえる写真を撮りたいです。

二日間のスケジュールですとほぼ有名スポット等での撮影が可能でサンセット、夜景、などいろいろなシーンでの撮影が可能です。どちらか雨天でも問題ありません。

サントリーニにも日本人向けウェディングフォトツアーがありますがそのクオリティはちょっと残念なものだったりパッケージの時間が意外と短かったりもらえる写真が少なかったりなどの不満の声もよく聞きます。現地のフォトグラファーも腕はピンキリです、当たり外れはありますし言葉の問題もあります。

◎当方に頼むメリット

  1. 事前のお打ち合わせ、イメージの共有が可能(何度でも)
  2. 二日間の撮影(柔軟な撮影スケジュールを組める)
  3. ほぼすべてのシーン、サンセット、夜景なども撮影出来る
  4. 撮影スポットだけでなく旅行そのものをドキュメンタリーで残せる
  5. 言葉が通じる(現地英語での対応も可能)

事前に打ち合わせが出来るのは結婚式当日もそうですがかなり大きなポイントではあると思います。どこで、どんな写真を撮って欲しいのか旅程を含めドキュメンタリーで残してくれるというのは楽しい思い出を真空パックに保存するのと同じくらい時間が経てば経つ程価値が出てくると自負しています。現地の事を知るためにウェブで調べるのはもちろんですが必ず下見の日を1日設けています。また現地で活動しているフォトグラファー等にも遠慮なく情報を聞き出します。ISPWPFealess photographersなどの海外のウェディングフォトグラファーの団体に所属しているの海外の作品から刺激をうけるためでもありますが現地の情報を得るためでもあります。現地のメイクさん等も探そうと思えば探せますし日本で活動しているヘアメイクさんをご紹介する事も可能です。

一番のネックは旅費と宿泊費の負担の部分でコストがかかるという所ですが出来るだけ最低限の安全を考慮して格安航空券やairbnbなどの利用で押さえさせて頂きます。ヨーロッパ界隈ですと15万前後、宿泊費に関してはおおよそ1泊8000円の宿泊施設を利用させて頂いております。また最近人気のあるサントリーニやクロアチアのドブロブニクでの撮影に関しての記事は個別に書きたいと思います。

写真だけ見たいという方は是非海外挙式・前撮りのフォトギャラリーを覗いてみて下さいね♫

 

 

 

Share to FacebookTweet PostPin PostLink PostEmail Post

Your email is never published or shared. Required fields are marked *

*

*