ありのままにいこう2018。

季節はすっかり春。来週には桜が満開になり、撮影もバタバタします。気づけばこの投稿が2018年初の投稿になることをお許し下さい。

明日は娘の3歳の誕生日、日々は目まぐるしく過ぎていく。子供の成長は待ってくれない。早いわかっていても人間というのは後になるまで気づかない。子供たちが健康で、家族に支えられていることは今の自分がいる全てだと思う。いつもありがとう。感謝の心は家族へもお客様に対しても忘れてはならないと常々思います。

今まで自分はどこか写真さえ撮っていればいいという考えがあったけれどもやはり写真以上に言葉も大事なんだと思うようになりました。

SNSやWebが当たり前、ちょっと調べれば五万とカメラマンが見つかる時代。埋もれてしまわないためにも書こう書こう。

人間はついつい人と自分を比べてしまう。ましてちょっとSNSなんかを開いてみたら素敵なウェディングフォトや美味しそうな料理が簡単に目にとまる。これから結婚式の準備していく新婦さんにとっても沢山の情報を得るためにSNSは必須、でもたまに他人の結婚式の壮大さや豪華さを、知らぬ間に比べてしまう方がいてご相談を頂くことがあります。

結婚式は人と比べられるもんじゃない。

人数の大小は関係ない。

いくらお金をかけたかも重要じゃない。

ありのままの2人でいい。

オシャレである必要はない。

自分にとって大切な人が参加してくれたらそれはもう素敵な結婚式に間違いなくなる。

もちろん人によってこだわりたい部分があるのでそれはそれで良いと思います◎ お客様も写真に求めるものは様々なのでその都度結婚式でお二人が何を大切にしているかをヒアリングして撮影に臨みます。

自分が関われるお客様も人生からすると限られています、1組でも沢山の方とご縁がありますように。

 

Share to FacebookTweet PostPin PostLink PostEmail Post