家族写真の出張撮影(東京、神奈川、千葉)はatelier monに

ブログのネタは4年分あります(笑。

今日は家族写真の事を。ウェディングとは別のプロジェクトとして家族写真も撮り続けていますがそもそも分ける必要があるの?という突っ込みはなしにして頂いてatelier monという名前で活動しております。ブログも分けようと考えていましたが今までそうやっていくつものブログを放置してしまったので分けずにこちらで書いていくことにしました(汗。肩書きはライフフォトグラファーというのがしっくり来るなぁと最近では実感しつつ、結局はその人の人生の節目に寄り添っていい写真を残したいというシンプルにその想いに尽きます。

最近では子供が出来てから結婚式を挙げられる方も多く先に家族写真を撮らせて頂き結婚式の撮影のご依頼を頂く事もちらほらですが増えて来ました。

家族写真もその種類は様々でマタニティフォト、ニューボーンフォト、お宮参り、誕生日、七五三、成人式、スタジオ撮影、など沢山あります。当初は結婚式から撮らせて頂くお客様に子供が出来て撮って欲しいというところからスタートしました。いつしか自分も結婚し3人の子供を持つようになりこんな風に撮って欲しいなぁというカメラマンが中々見つからない事もあって家族写真の出張撮影をメインとしたwebを立ち上げ現在に至ります。しかしながら基本世の中のパパは土曜、日曜日が休みで家族が揃うのは週末です、週末ウェディングの撮影で出払ってしまうと結局撮る事が出来ない。。。というジレンマに苦しみながらもそれでも平日にご依頼頂くお客様も増えて来て細々と続けています。

出張撮影サービスも増え価格も下がって来ています。きっと誰でもいいから安く、簡単に撮って欲しいと方が殆どではないでしょうか?(そのうちAmazonでもそういうサービスが始まるのでは?と感じています)

atelier monでこだわっているのは何よりもは飾りたくなるような良い写真を残す事。せっかく依頼してくれるなら良い写真を残してあげたいし飾ってもらいたい、その子が大きくなった時にパパとママは『自分の為にこんな素敵な写真を残してくれたんだ』と実感してくれれば万々歳です。きっとその写真が心の支えになってくれるのではないかなぁと思っています。

一人のフォトグラファーがその家族を撮り続ける事にも大きな意味があると思っています。パパ,ママと子供の成長を一緒に見守っている感覚なのでその情がやっぱり写真にも出るなと。子供の1年の成長は凄まじく毎年撮らせて頂く度にこっちも嬉しくなるんです。今では自分も3人の子供がいるので子育ての悩みを聞いたり話したりすることも家族写真を撮り続けたい一つの理由になっています。子供によって当たり前ですが生活の環境やリズムが全く異なります、育て方も異なるのでいろいろな方の子育ての話を聞きながら自分自身が勉強させて頂いている感覚です。またパパ、ママになりたての方で育児もこれからという場合は私なりのアドバイスもさせて頂いています。

新規で家族写真からお付き合いさせて頂く方も多いですが目標は撮影させて頂いたお客様の子供の結婚式も撮る事。生涯現役でこの仕事を撮り続けたいなぁと思うのでした。

そうそう現在いくつかキャンペーンを実施中です!

  1. 家族写真全般6,7,8月は土日特別料金(通常10000円)がOFF!
  2. 大森西にあるスタジオでの撮影(スタジオプラン)が6,7,8月は20%OFF!
  3. ショートプランスタート(1,2,6,7,8,9,12月の平日限定)!!

atelier monのことも個別でご紹介したい事が山ほどあります(笑。が今後ゆるりとご紹介していきますのでどうぞお付き合い下さいね。

Share to FacebookTweet PostPin PostLink PostEmail Post

海外挙式同行撮影のアドバイス(前撮り・後撮り・ハネムーン)

ブログを更新する事に抵抗がなくなってきました(笑)。万歳!

このブログはWordPressで構築されていますが以前はスマホでの投稿が上手く出来ませんでした(言い訳)。しかし最近触ってみると格段にスマホでも使いやすくなっていたのでこの記事もスマホから書いております。

今日は海外挙式同行プランのアドバイス(あくまでフォトグラファー視点)、注意点などを書いてみたいと思います。実際の花嫁視点でのアドバイス等も必ず参考にされる事をお勧めします。

まずお二人の衣装に関して。日本でレンタルして持っていくという方法もありますが個人的にはオススメしません。一番の理由は紛失や汚れる確率がかなり高いからです。撮影する国にもよりますができれば安く購入して向こうで破棄出来るくらいのもの、二次会などに使い回せるものが良いかもしれません。また乗り継ぎが多い場合、空港でロストするケースも多々あるので可能であれば機内持ち込みをオススメ致します。(過去に一度新婦様がトランクで預けたドレスが現地の空港に届いていないという事がありました。)

現地での撮影に関して、歩く時間と距離が多くなるので歩きやすいドレス、シューズがいいでしょう。特にヨーロッパは石畳が多いので注意です。

宿泊する場所に関して、観光地は朝10時には人で溢れかえる場所が多いので基本ドレスでの撮影は早朝を前提にしています(観光地撮影希望の場合)。できるだけ希望撮影地から近い宿の方が負担が少なくなります。(少し宿泊費はかさむかもしれませんが)また泊まる場所ですがせっかくのハネムーンだから高級ホテルに泊まりたいという方ももちろんいらっしゃると思いますが最近のairbnbだと高級ホテル並みの部屋、ロケーションの場所もあるのでチェックして損はないかと思います。価格も良心的でホストさんが親切だとホテル以上にホスピタリティを感じるかもしれません。

ヘアメイクに関して。コストを少しでもカットしたい場合はある程度自分たちで出来るように旅行前に練習しておくというのも一つの手段になります。旦那様にヘアセットをしてもらうのも一つの思い出になるかもしれません。

撮影中の荷物は極力少なく。これもスリなどに合わないために必要な事だと思います。

テロに関して。ここ数年、特にヨーロッパでのテロは多発しています。有名観光地はいつ狙われてもおかしくないですし日本でさえもそのリスクはあります。少しでも避ける努力も必要になってきますが極力人が集まるシーズンを外す、あえて有名観光地で撮らない、というのも大事ですしフランスはパリなどのウェディングフォトは溢れているので少しマイナーな国で撮ってみるのも面白いかもしれないですね。

と個人のフォトグラファーを連れて行く際に少しでも参考になる箇所があれば幸いです。海外挙式同行撮影プランフォトギャラリーなどwebでも是非一度ご確認下さいね◎

Share to FacebookTweet PostPin PostLink PostEmail Post

海外挙式同行撮影プランについて(前撮り・後撮り・ハネムーン)

本日3度目のブログを更新します。これはもう地球がひっくり返る勢いです。

WEBに関していうと約半年ごとにプランを見直して更新しています。ですので料金に関して言うと必ずお問い合わせして頂きたいと思います。2017年前半はいわゆるセット販売でいろいろなものを基本パッケージにつけていたので少し高く感じてしまうような価格設定でした。ただお客様にとってすべて必要かというとそうではないものも含まれていたので2017年6月にはよりお求めやすい基本パッケージで欲しいという方にはオプションでいろいろなものが付属可能という内容に変更致しました。では2017年の最初に申し込んだ2017年秋挙式の方はどうなるの?という部分ですがプラン改訂された内容を再度ご案内しお客様にとってマイナスにならないようご案内させて頂いております。

2016年より海外挙式同行プランというのを初めて見ました。過去クロアチアのドヴロブニク、ギリシャのサントリーニ、中国の海南島などマイナーと言えばマイナーな場所に運良く呼ばれた経験をもとにお客様のお役に立てないかと作成した経緯があります。超人気スポットのハワイに関して言うと既に沢山の日本の大手撮影業者が入っていますので定番のスポットでお決まりの写真があれば良いという方は間違いなくそちらを選ばれた方が無難でしょう、価格帯もリーズナブルです。

私個人に依頼するメリットとデメリット、それぞれ理解して頂いた上でご依頼頂ければ幸いかと思い、以下書いてみたいと思います。こちらも半年ごとにプランは見直していますが2017年6月の時点での価格帯は20万半ばから後半で撮影を承る事が可能です。

料金に含まれているもの

  1. 二日間の撮影料金(一日ドレス+二日目私服など)
  2. 海外への出張料金(国によって変動するため20万半ばから後半という記載にしてます。)
  3. 二日間の色補正済み撮影データ(約1500カット)
  4. youtubeスライドショー(オンライン+ブルーレイディスク)
  5. Wi-Fiレンタル料

以上になります。アルバムは別途作成料金になりますのでご注意下さい。

◎デメリット

  1. メイクや衣裳等が含まれていない。
  2. 現地の事を熟知していない。(対策あり)
  3. フォトグラファーの旅費、宿泊費を負担しなければならない。
  4. 最終的に割高になってしまう。

などでしょうか。まずなぜ2日間の撮影なのか、1日でいいのですが。。という方もいらっしゃいます。旅程に関して言うと出国-現地下見-撮影-予備日-帰国と最低でも5日間のスケジュールを組んでいます。理由としては移動のリスクを回避したいため撮影の前々日には必ず現地入りするのと天気やお二人の体調不具合による延期に対応出来るよう撮影の次の日も基本1日設けています。最低二日間撮影出来るのはこの5日間のスケジューリングによるものです。1日オフで観光すればいいのではという声もありそうですが正直一人で観光するくらいなら誰かの写真を撮っていたいというくらい寂しがりやでもあるのです(笑。大学時代に思う存分一人旅はしたのでそれなら二人にとって一生大切にしてもらえる写真を撮りたいです。

二日間のスケジュールですとほぼ有名スポット等での撮影が可能でサンセット、夜景、などいろいろなシーンでの撮影が可能です。どちらか雨天でも問題ありません。

サントリーニにも日本人向けウェディングフォトツアーがありますがそのクオリティはちょっと残念なものだったりパッケージの時間が意外と短かったりもらえる写真が少なかったりなどの不満の声もよく聞きます。現地のフォトグラファーも腕はピンキリです、当たり外れはありますし言葉の問題もあります。

◎当方に頼むメリット

  1. 事前のお打ち合わせ、イメージの共有が可能(何度でも)
  2. 二日間の撮影(柔軟な撮影スケジュールを組める)
  3. ほぼすべてのシーン、サンセット、夜景なども撮影出来る
  4. 撮影スポットだけでなく旅行そのものをドキュメンタリーで残せる
  5. 言葉が通じる(現地英語での対応も可能)

事前に打ち合わせが出来るのは結婚式当日もそうですがかなり大きなポイントではあると思います。どこで、どんな写真を撮って欲しいのか旅程を含めドキュメンタリーで残してくれるというのは楽しい思い出を真空パックに保存するのと同じくらい時間が経てば経つ程価値が出てくると自負しています。現地の事を知るためにウェブで調べるのはもちろんですが必ず下見の日を1日設けています。また現地で活動しているフォトグラファー等にも遠慮なく情報を聞き出します。ISPWPFealess photographersなどの海外のウェディングフォトグラファーの団体に所属しているの海外の作品から刺激をうけるためでもありますが現地の情報を得るためでもあります。現地のメイクさん等も探そうと思えば探せますし日本で活動しているヘアメイクさんをご紹介する事も可能です。

一番のネックは旅費と宿泊費の負担の部分でコストがかかるという所ですが出来るだけ最低限の安全を考慮して格安航空券やairbnbなどの利用で押さえさせて頂きます。ヨーロッパ界隈ですと15万前後、宿泊費に関してはおおよそ1泊8000円の宿泊施設を利用させて頂いております。また最近人気のあるサントリーニやクロアチアのドブロブニクでの撮影に関しての記事は個別に書きたいと思います。

写真だけ見たいという方は是非海外挙式・前撮りのフォトギャラリーを覗いてみて下さいね♫

 

 

 

Share to FacebookTweet PostPin PostLink PostEmail Post

ウェディングフォトグラファーのブログ

さて、1日に2回目となる奇跡の更新です。素振りが必要なのです。内容があるかないかは別として更新の頻度を上げるためご飯を食べる、排泄する、寝ると同じくらいのレベルにブログを書くということを当たり前にしていきたいと思っています。2年間放置されたブログなのでそもそも読んでいる人は皆無でしょう。なので気兼ねなく書くことが出来ます。

このブログが数ヶ月後、もしくは数年後、数十年後、誰かに読まれるかもしれないし永久に読まれないかもしれない。

それでもいいのです。

初心に帰る。というのは言うのは簡単ですが現実にはかなり難しい事だと思います。経験が多ければ多いほど難しくなるのだろうなと。

スマホで誰でも、どこでも、簡単に、発信できる時代です。小さい頃ファミコンに熱中してきましたが時代はバーチャルまで進化してしまった。。いったい30年後はどうなっているんだろう。。ただ言えるのは個人でサービスを提供している以上知ってもらう努力はし続けなければならないという事。発信しないという事は存在しないのと同じです。

自分がウェディングフォトを撮影し始めたのが恐らく12,3年前。その頃の結婚式の価値観、スタイルなんてのも大きく変わったなぁと思います。良い悪い関係なくそれはこれからも変わり続けるのだろうなと思います。一方で流行り廃りはありつつも変わらないものもあります。結婚式の本質、感謝を伝える場だったりお互いの事を再確認する事だったり。それは今までもこれからも変わらないような気がします。

自分がすべき事は必要とされているならそっと寄り添って記録し続ける事。淡々といろいろな方の大切な記憶を紡いでいきたいです。

 

Share to FacebookTweet PostPin PostLink PostEmail Post

2017年はいつの間にか夏

なんということでしょう。

もう2017年ではありませんか!昨年ブログを更新したのがほぼ二回。。もう本当にこんな自分が嫌になります。

この2,3年での世の中の変化をヒシヒシと感じています。お客様は以前はインターネットでの検索がほぼ主流でしたが今ではインスタからの問い合わせも増えました。インスタでウェディングフォトグラファーを探そうと思えば石を投げれば必ず当たるくらいフリーランスの数も増えたような気がします。Webさえも誰でも簡単に作れる時代になり、見栄えの良いホームページも2,3日あれば作れます。出張撮影サービスも劇的に増えました。趣味で写真をやっている人がサービスに登録し簡単に安価で撮影をうける人も増えました。誰かに記念日を撮ってもらうことは以前ほどのハードルはなくスマホで簡単に予約も可能です。Webサイトも閲覧のデータを見ると7割がスマホからの流入です。

子育てに追われているこの2,3年の変化はすごく恐ろしくも感じました。が。この流れはきっと加速していくのだろうなぁと個人的には思います。

再びブログを始めようと思ったのにはいくつか理由がありますが一つは時代の流れに乗るのも大事だけどブログでの発信の重要性にようやく気づいた事(遅過ぎ。。)。数あるソーシャルメディアは今後増えようがブログは流行廃りなく誰かのために蓄積されていくだろうとようやく確信が持てました。

そしてもう一つ先日小林麻央さんが癌で亡くなられたこと。2年前に撮影させて頂いた新婦様も癌で挙式から三ヶ月後に亡くなられました。これは自分にとっては上手く言葉に出来ないのですが凄くショックでずっとずっと胸のうちにある大きな塊になっていました。麻央さんが癌になってもブログを書き続けていたのは知っていましたが全てを拝見したのはつい最近です。そして海老蔵さんもまたその苦悩をブログで1日に何度も綴っておられました。それらを拝見した時にいろいろと思い出したこともあるのですがただただ感心と感動しかありませんでした。書き続けることは生きている証でもあったのです。

自分もまた胸の中の大きな塊が徐々に消えていくのを感じて、誰かの役に立つのであれば書かなければとも思いました。

拙い文章になるのは間違いないないと思いますが暖かく見守って頂ければ幸いです。

撮影したお客様の写真なども紹介していきたいと思いますので楽しみにして下さいね◎

Share to FacebookTweet PostPin PostLink PostEmail Post